【大阪府・関西圏対応】家を早く売りたい方は不動産買取がおすすめ

未分類

最終更新日時:

家や不動産を売却をするというとなんとなくイメージがつく方もいらっしゃると思います。
それでは「買取」はどうでしょうか。家や不動産を買取ってもらうというイメージがつきにくいというお声は多くあります。

ここでは不動産の「買取」についてメリット・デメリット、買取不動産会社の選択方法を説明します。

不動産買取とは

不動産買取とは不動産会社が不動産を買取ってくれる売却方法です。
買取をする不動産会社と売主との間で価格や条件などが折り合えば契約となります。
個人の方が購入する場合と異なり、不動産のプロが購入するのでキャンセルされることが少なくなります。また、即現金化出来るところも不動産買取のおおきな魅力です。

不動産買取のメリットと売却比較

 

① すぐに売却出来る

不動産買取は不動産会社が購入をするため、最短でも7日程で完了出来るケースがあります。
一般に売却に出した場合はどのタイミングで売却が簡潔するか分からず、場合によっては長期間の売り出しとなることも少なくありません。

② 内覧の回数が少ない

買取の場合、内見は買取をする不動産会社が1~2回です。
売却の場合は売れるまで内覧があり、購入希望者の都合に合わせてスケジュールを調整することも必要となります。

③ 仲介手数料がかからない

不動産会社に直接買取をしてもらう場合、仲介手数料は発生しません。
通常に売却をしようとすると成約時に仲介手数料が発生します。
一般的に(成約価格×3%+6万円)+消費税となるので、仮に3,000万円で売却ができた場合の仲介手数料は105万6,000円となりますので大きな差となります。

④ 周囲に知られることがない

不動産買取では内覧が1~2回、かつ売却をしている情報が表に出ることがないのでポータルサイトを見た場合でも情報は掲載されません。

売却の場合は売却活動として幅広くポータルサイト、折込広告などの掲載があります。また、多くの方の内覧が予想されるため、近隣の方に気づかれるケースはあります。

近隣に知られたくない場合は買取もおすすめです。

⑤ 住宅の欠陥の修復責任がない

売却をした場合、建物や土地で不具合があった場合に修復や是正をする責任を負います。

買取では不動産会社が購入をするため、この責任については免責となります(事前に知っている情報や状況は伝える必要があります)。

⑥ キャンセルが少ない

不動産は購入の意思表示があった場合、個人の方は大抵住宅ローンを組むことが多くなります。しかし、万が一住宅ローンが否認された場合、キャンセルとなることがあります。

買取では買主が不動産会社となるため、融資の面での心配が少なくなります。
この点は買取のほうが安心出来る内容です。

 

不動産買取のデメリットと売却比較

不動産売却の場合、価格は相場付近の価格での売却が可能となります。

一方買取の場合は、相場の価格よりも低くなる傾向があります。
不動産会社は事業の為に買取を行うため、リフォームや建築等を行います。
その為、物件によっては価格が低くなることがあります。

ご相談の多い買取相談内容

・買い替えで先が決まっている

・すぐに現金化してほしい

・長期間売却しているが売れない

・急な相続

・空き家

・事故があった

・旧耐震基準で古い

・築年数が経過していて古い

・建物、室内状況が悪い

・遠方の物件で往復が厳しい

・再建築不可

・狭小地物件

・離婚・財産分与

 

信頼出来る不動産会社の選び方

不動産会社は全国に数多くありますが、すべての会社で買取を行っているわけではありません。
そうかといって1件1件不動産会社へ問い合わせるのも労力が要ります。
不動産買取ナビなら複数の買取不動産会社への問い合わせが可能です。
厳しい審査をクリアした不動産会社が紹介されるため安心して利用が出来ます。

大阪府の対応エリアを拡大しています

大阪府大阪市、東大阪市、豊中市、堺市など関西圏の対応会社・エリアが拡大されております。査定・相談は無料ですので売却・買取をご検討中の方は高く売れることがありますのでご相談してみてはいかがでしょうか。

 

関連記事一覧