家を早く売るなら不動産買取!買取と仲介の違いを知って有利に自宅を売る方法

不動産買取, 戸建てに関するお役立ち情報

売却事情によっては二重の支払いが生じたり、税金や管理費などの費用がかかります。
このような負担の解消をしたいお問い合わせは多くあります。
ここでは、解消方法として不動産を早く売る方法を見ていきます。

 

不動産を早く売らなければならない状況

相続が発生し遺産分割をする

相続が発生した場合、現金などは複数の相続人で分割しやすいですが、不動産が相続財産となると分割が出来ない為、遺産分割協議がまとまらなくなってしまいます。
不動産を現金化することで円滑に進むことがあります。

住宅ローン等の返済が厳しい

住宅ローンや税金を滞納し続けると自宅が差押えとなることがあります。
そのまま放置していると自宅が競売にかけられてしまい、ローンも残ってしまうという結果になります。
競売となる前に任意売却による売却も出来ることがあり、ローンを大きく残したくない方は任意売却の相談をすると良いでしょう。

離婚が原因となる売却

離婚となってしまった場合、円満に解決がなされれば良いですが、多くの方は財産分与によって資産を分けることになります。

家を売って財産分与をするためには家が売れないと終了させることが出来なくなります。
家が共有名義だった場合にはお互いの同意が必要となります。
また、仲介で売却する際には近隣に事情を知られてしまうケースもありますので事情を知られたくない方は注意しましょう。

 

売却方法①:過去の取引や近隣よりも価格を下げて売却する

不動産にもスーパーに並ぶ商品のように相場というものがあります。
過去にいくらで売れているか?近隣の価格はいくらだ?という調査をすることが大切です。
当然、過去の取引や近隣相場よりも安く売りだすことができれば、物件がより際立つことから買い手から選択される可能性が高まります。

安く売り出すデメリット

不動産を安く売り出した場合でも費用や責任はついてきます。

① 仲介手数料がかかる
② 物件の瑕疵(欠陥・不具合)において修復などの義務を負う

 

売却方法②:不動産会社による買取

不動産の購入者は一般・個人の方とは限りません。不動産会社が買い手となるケースが最近では増加しています。
ではなぜ不動産会社が購入するケースが増えているのでしょうか?

不動産買取とは

① 直接不動産会社が購入する場合、仲介手数が不要となる
② 物件の瑕疵(欠陥・不具合)の責任が免責される
③ 最短で7日ほどで不動産を現金化できる可能性がある
④ 不動産のプロが購入するのでトラブルを防げる
⑤ 内覧などに割く時間などが少なくスムーズに取引が出来る

不動産の買取の場合、良い反面もありますが、デメリットも存在します。
不動産の買取は物件にもよりますが、相場価格の7~8割ほどの価格になる場合があります。

仲介での売却と買取の手続きの流れの違い

仲介での売却と買取とでは流れが異なりますので、違いを確認し自身に合った方法を選択することも重要です。

仲介による売却買取による売却
①不動産会社へ査定依頼①不動産買取会社へ査定依頼
②売却活動開始②売買契約
③買主による申し込み・条件調整③決済・物件の引き渡し
④売買契約
⑤決済・物件の引き渡し

細かい内容は省略しますが、大きな流れは上記表の内容となります。
表での項目は変わりが内容に見えますが、仲介では3ケ月程で売れる価格で売却を開始するように査定をしています。しかし、実際には3ケ月では売れずに長期的に売れないというケースもあります。

買取では不動産買取業者が買取をする為、相談をしている買取業者によっては7日程で確実に売れ、不動産を現金化することが可能となります。

 

売却や買取の価格・相場を調べるには?

所有している物件がいくらで取引をされているか調べるには不動産のポータルサイトやチラシなどでも情報を収集することができます。おおまかな価格は把握することが可能です。
実際に売却をしようと考えている場合は不動産会社へ査定の依頼をしてみましょう。
正確な価格が分かるうえ、現場を知っているプロからの提案を受けることが出来ます。

築年数が経過している場合は買取がおすすめ

仲介で一戸建てやマンションなどを売却する場合、売主には契約不適合責任が課せられます。
契約不適合責任は契約時に説明をしていない設備や建物の不具合対して責任を負う制度です。
例として売主は雨漏りに気づかず生活していたが、物件を引き渡し後に買主が雨漏りを発見した場合、売主は修復などの責任を負わなければなりません。
建物不具合を修繕する場合、費用が高額となることがあります。

買取の場合はこの契約不適合責任を免責とすることが出来ます。
特に築年数の経過した一戸建てなどは雨漏りやシロアリの害など売主が知らない間に発生していることもあるので注意が必要です。

【関連記事】

 

売却と買取はどちらがいいの?

『早く売りたい』とお考えの場合は、売却、買取の両方を検討したほうが良いです。
買取では仲介手数料がかからないため、仲介の売り出し価格によっては買取のほうが手元の資金は多くなることもあります。
仲介で売却する場合には成約となると仲介手数料が発生します。
売却の価格にもよりますが、3,000万円の取引で100万円を超える仲介手数料を支払うこととなります。

このように仲介による売却と買取ではそれぞれ短所と長所があります。
迷われれたらまず不動産会社へ相談、査定の依頼をしてみましょう。

【関連記事】

 

最終更新日時:

Summary
家を早く売るなら不動産買取!買取と仲介の違いを知って有利に自宅を売る方法
Article Name
家を早く売るなら不動産買取!買取と仲介の違いを知って有利に自宅を売る方法
Description
不動産を早く売る方法を見ていきます。
Author
Publisher Name
不動産買取ナビ事務局
Publisher Logo

関連記事一覧