【京都府・奈良県】不動産売却のよくあるお悩みと解決方法

未分類

最終更新日時:

不動産を売却をしようと思って購入されている方は多くはないと思います。
しかし、何らかの事情で不動産を売らなければならないことがあります。

人に相談しようにも金銭が絡む家庭の事情はなかなか親族や知人には相談しづらいものです。
その為、どのような手続きを踏まなければならないか分からず足踏みをしてしまう方もいます。
ここではよくお問い合わせをいただく不動産を売る際のお悩みをご紹介していきます。

不動産を売る際にまず何をするか

漠然に不動産を売ろうと考えていても実際に何から手を付けていいか分からないものです。
不動産の内容も物件によって異なりますし、売却の事情も人それぞれです。

① 不動産会社に相談する

まずは不動産のプロに相談することが第一歩となります。
不動産会社へ相談するには電話による問い合わせ、メールによる問い合わせなども可能です。
もちろん窓口でのご相談も可能となります。事前に予約をしていけば不動産会社も準備が出来るので対応してもらいやすくなります。
どのような事情で売るのか、どういった物件なのか、実際に売れるかなどプロの意見を聞くことが出来ます。
実は親族や知人に相談するよりも第三者に意見や悩みを聞いてもらうほうが話しやすく本音で相談出来る場合があります。

② 不動産を査定してもらう

不動産の相談をする際には査定依頼をしてから相談する方法もあります。
売却を前提とした場合、訪問による査定や相談をすることも可能です。
売れる価格の概算が出ているとより踏み込んだ相談がしやすくなります。

【相談や査定は無料で行える】

相談するという内容で費用が発生する業態もありますが、不動産会社への相談は基本的には費用は発生しません。費用が発生するのは契約が成立した場合となります。
また、不動産の査定も無料で行ってもらえるので相談してみましょう。

 

不動産を売る際のチェックポイント

不動産を売ると言っても注意が必要なポイントがあります。
この内容はどの不動産についても同様となりますので覚えておきましょう。

住宅ローンの完済が出来るか

不動産を売る際に確認しておきたいのが住宅ローンの残額です。
売却をして買主に名義を変更する為には住宅ローンの抵当権をなくさなければなりません。
抵当権を消すことが出来ないと所有権の移転が出来ないため売買が成立しませんので事前に確認するようにしましょう。
住宅ローンの残額を確認する為には、年末頃に送られてくる残額の通知か銀行窓口で確認することが出来ます。

また、売却の価格が住宅ローンを下回る場合、自己資金で補填をすることも可能です。

成約後に仲介手数料の支払い

仲介で不動産を売る場合、物件が成約した際に仲介手数料の支払いがあります。
仲介手数料は売買する価格に応じて変動し、取引金額が高いほど仲介手数料も高くなります。
例としてマンションを4,000万円で取引した場合、1,386,000円の仲介手数料となります。
金額は上限の金額となりますが、不動産会社によっては割引をしてくれるケースもあります。

取引価格によっては仲介手数料も売却価格から捻出することが出来ます。

関連記事

 

抵当権の抹消費用がかかる

住宅ローンを完済した際には設定されていた抵当権を抹消する為、司法書士などにより抵当権の抹消の手続きをしてもらいます。この手続きをしなければ所有権の移転登記が行うことが出来ません。
費用としては3~5万円ほどの費用となります。

利益が出た場合には譲渡所得の税金が発生

不動産の売却で利益が出た場合、売却後に税金が発生することがあります。
単純に売却価格だけでの計算ではなく、物件を取得した費用や売却に掛かった費用などを差し引くことが出来るので事前に書類は用意しておきましょう。
関連記事

 

不動産を売る際によくあるご質問

不動産にはさまざまな物件があり、売れる期間は確約することは出来ません。タイミングが良くすぐ売れてしまう物件もあれば、長期間売れない物件もあります。
ここでは不動産を売る際によくいただく質問を見ていきます。

【長期間売れなくて困っている】

仲介で売却する場合、一般的には3ケ月で売れるように価格を設定します。
しかし、売れ残ってしまう物件も中にはあります。

相場よりも価格が高い

売主の希望や住宅ローンの関係で相場より価格が高くなっている場合は売れにくくなります。このケースでは一度価格を見直すか他の不動産会社からも意見を聞くこともお勧めです。

近隣に安い物件がありなかなか売れない

中古住宅でも近隣に売却物件があると競合することがあります。特にマンションでは世帯数がある為、同時に何室か売却に出ていると比較されてしまうので売れにくくなります。
また、安い新築戸建てが出てきたりすると中古住宅のほうが分が悪くなってしまうこともあります。
この場合、価格の見直しや売却時期を見直す方法も検討しましょう。

コンディションが悪い物築年数が古い物件

家探し、住まい探しのベースとして居住出来る物件を探される方が多くなります。
メンテナンスを定期的に行っていた建物は買主側でリフォームをすれば良いと検討出来ますが、中には物件の状況が悪く、リフォームをしても高額な金額となりそうな場合では敬遠されてしまいます。
売りやすくするために売主側でリフォームをする場合でもリフォーム分の費用を上乗せして売れる確証が無い為、リフォームをする場合には考えて行う必要があります。

目線を変える為に築年数の経過した中古戸建ては土地として売り出すことも効果がある場合があります。

事故物件、わけあり物件

事故物件やわけあり物件は一般の方には売りにくい条件です。
事故物件はその事件の大きさや内容によっても売りやすさが変わってきます。
わけあり物件は再建築不可、狭小地の物件、家の傾き、シロアリ害などが挙げられますが、
売りにくい条件の一つです。
また、売主は売却後に建物・設備等の修復の義務を負うため、売却をする際には事前にチェックしておくことも大切です。

関連記事

インターネットなどの広告が掲載されていない

不動産の広告として現在メインとなっているのがインターネットによる広告です。ポータルサイトなどに広告が無い場合には不動産会社へ掲載を求めてみましょう。
また、不動産会社によって利用している広告は異なる為、複数の不動産会社の話しを聞くこともお勧めです。

 

買取りで売ることも出来る

不動産を売る方法として不動産会社へ直接売ることも出来ます。
物件によっては買取を選択したほうが良い場合もあります。

関連記事

 

【不動産買取によるメリット】

長期間売れなかった物件も最短7日で売ることが出来る

長期間の売却は売主にとっては負担とストレスになることがあります。
不動産の買取りでは最短で7日程で不動産を現金化出来る為、負担が軽減されます。

仲介手数料の支払いがない

不動産会社が直接物件を買取る場合、仲介手数料は掛かりません。
物件によっては仲介よりもメリットが出る場合があります。

不具合、欠陥の修復の免責

売主は売却後、契約不適合責任という責任を負いますが、こちらも不動産会社が直接買取ることで免責とすることが出来ます。
不具合が大きい場合、修復の費用も高額となることがあります。

空き家にも対応

実家を相続したが利用していない、急な転勤になったなどの事情で空き家となってしまった場合、対象の不動産は遠方となってしまいます。
仲介での売却だとメンテナンスや手続きをとるのに費用や時間を多く取られることとなります。
買取りの場合はすぐに現金化出来るため、メンテナンスや手続きの費用や時間を軽減することが出来ます。

関連記事

 

複数の不動産会社へ相談する

相談は出来るだけ複数の会社へすることをお勧めします。
不動産会社によってアドバイスが違うことはもちろんのこと、不動産会社が得意とする分野により不動産の価格が異なることがある為です。
また、自分にあった不動産会社を探すためには複数の意見を聞かなければ何が適切かということが分からないので、複数の会社で比較すると良いでしょう。

不動産買取ナビなら不動産の買取りの一括査定が可能です。

 

 

 

京都・奈良地域で不動産の売却でお悩みの方はご相談ください

京都府内の買取強化エリア

京都市

【北区、上京区、左京区、中京区、東山区、山科区、下京区、南区、右京区、西京区、伏見区】

亀岡市

奈良県内の買取強化エリア

奈良市

北葛城郡、生駒郡、磯城郡、香芝市、大和高田市、橿原市、桜井市、葛城市、大和郡山市、天理市、生駒市
上記以外の地域もお気軽にご相談ください。

お電話でのご相談も受付中です。
査定依頼は無料にてご利用いただけます。

関連記事一覧