新型コロナウィルスによる部屋探しや住まい探しの価値観の変化

その他のお役立ち情報, 不動産買取

最終更新日時:

新型コロナウィルスが政治や経済に与えた影響は計り知れません。
一般に生活をする私たちにも影響があり、生活様式や働き方は一変しています。
新型コロナウィルス下だからこそ生まれた価値観が不動産業界にもあります。

ここではコロナウィルスで変化した部屋探し・住まい探しの考え方を見ていきます。

新型コロナウィルスが不動産に与える影響

コロナウィルスが流行し始める前は部屋探しや住まい探しをされる方は例年通りいらっしゃました。
しかし、今年の初めから感染者が爆発的に増え始め、国からも過度な接触や不要不急の外出を避ける様に通達があり次第に自粛傾向に移行してきました。
そして緊急事態宣言の発令に伴い、消費者のみならず多くの不動産会社が短縮営業や在宅勤務を余儀なくされました。

例年であれば新年度に向けての部屋探しや住まい探しは多くの人が動き、不動産業界にとっては年間を通じて一番の繁忙期となる時期でした。
この通達により異動の時期を延期、取り止めを行っている企業も少なくありません。
個人での部屋探しにおいてもこの影響を受けて来店数は減少傾向にあります。

しかし、不動産会社へ話しを伺うと来店数は減少しているものの物件へのお問い合わせには変化がないというところもありました。

これには各企業が在宅勤務やテレワークを導入したり、一般生活でも自粛活動となりお家で過ごす時間が増えたことも要因としてあります。部屋探しや住まい探しをしたいが出来ない方が自粛期間が明けた後にすぐに行動出来るように情報の収集の為、お問い合わせをされることがあるようです。

新生活様式にみる部屋探し・住まい探し

多くの方が経験をされたことがない事態において部屋探しや住まい探しはどのような変化が起きているのでしょうか。

在宅勤務・テレワークの影響

従来の部屋探し・住まい探しは家族が住めるだけのスペースがあればよいといった方がほとんどでした。
しかし、在宅勤務やテレワークでは家にいながらの勤務となるため、小さな子供がいたり家族が普段の生活をしているため、集中して仕事が出来ないという支障が出る方もいます。
仕事が出来る環境が整わないこともあり、広さは問わないが自宅で仕事が出来るスペースが欲しいと希望される方が増えています。
WEB会議などがある場合、生活感のある室内が見えてしまうのも考えどころです。
今後のお部屋探し・住まい探しのニーズでは希望の間取り+1室という希望が増えそうです。

インターネット設備のニーズ

インターネットにおいては今回のコロナショックで多くの場所で利用されるようになりました。

・zoomなどによる企業・法人団体のWEB会議
・学校、教育機関によるオンライン授業
・不要不急の外出を避けるためにインターネットによる買い物

いずれも在宅での活動となる為、インターネットの環境が無ければ不便、必ず必要となるケースが出てきます。
その為、インターネットの設備のある物件や導入し易い物件のニーズは高まりそうです。

駐車場・駐輪場の要望

コロナの影響を受け、電車などの公共交通機関の利用を避ける為、一時的に社有車での通勤をしたり、会社まで自転車で通勤される方が増えているので駐車場や駐輪場の要望が増えています。
物件を所有しているオーナー様は駐車場や駐輪場の整備をしたり、インターネット等の広告にしっかりと記載することでアピールすることが出来ます。

オンライン内見対応の不動産会社も

来店をしたくても出来ない方のために、オンラインでの物件の内見に対応する不動産会社も増えてきました。
また、それに伴いIT重説での契約手続きにも対応する不動産会社も増えています。

しなしながら、不動産は高額な価格、賃料となるので実際に現地を確認してから手続きをしたいという方も多く、オンラインでの不動産の取引は今後が課題となります。

デメリットがあることにも注意

在宅をしていると普段見えないところがいろいろと見えてきます。
上記に挙げたようなお部屋・設備などを踏まえた物件を探す場合、賃料が上がったり、設備導入費用用や月々のランニングコストがかかる場合があるので慎重に考えるようにしましょう。

コロナウィルス下での部屋探し・住まい探しの見込み

コロナの影響は不動産会社や賃貸オーナーにも影響があります。
不動産の繁忙期に物件の動きが渋くなってしまったために対策を講じている物件もあります。
そのため普段では出てこない条件で物件が出てくることもあり、探している方にとっては選択肢が広がることがあります。。

売買仲介・購入

物件の売主として販売している不動産会社や建築会社は本来売れると予想していた販売の計画にずれが生じていることがあり、物件の値下げをしているまたは検討している業者も少なくありません。いまの時期に購入を検討することで近隣・相場より安く物件を購入出来るケースもあります。

賃貸仲介

賃貸では一番物件が動きやすい時期が1月~3月となるため、今年に至っては物件が例年よりも空いていることがあります。オーナーにとっては家賃が収入となるため、売買仲介同様にこの時期だけお部屋を埋める為に賃料を安く設定していることがあります。

掘り出しものと呼ばれる物件がなかなかないのが不動産ですが、この時期には希望に叶う物件があるかもしれません。市場には出ていない、出せない情報なども存在するので不動産会社へ問い合わせされるのも一つの方法です。お部屋探し、住まい探しをされている方にとってはメリットのある時期となっているかもしれません。

不動産会社でもコロナ対策をしている

不動産会社でも各社コロナ対策は行われています。
緊急事態宣言解除後は特に対策をしている企業も多いようです。

・マスクの着用の義務化
・案内時の消毒、換気
・案内用の車両の消毒
・現地での待ち合わせに対応
・オンラインやリモートによる相談や物件の内見

この他にもいろいろと対策をしている不動産会社は多いです。
実際に現在の状況でも多数の方が不動産の取引をされているので、あまり神経質にならないほうが良いかもしれません。

まとめ

新型コロナウィルスの影響で不動産の取り扱いも大きく変化しています。
お部屋探しや住まい探しをされる方にとっては物件を選ぶ基準や手続きの方法などの選択肢が増えているため、よく考えたうえで物件探しをしていくのが良いでしょう。
自分ではよく分からないという方も不動産会社へ相談することで優先順位が整理されたり、もしかするととてもお得な情報をくれたりするかもしれません。
コロナウィルスの終息は予想がつきませんが、不動産選びをポジティブに考えながら物件探しをしてみてください。

お買い替えにより不動産を売るなら不動産買取ナビ

コロナの影響で不動産の売却も予定通りにいかないことがあります。

不動産買取であれば過度な接触もなく不動産を売ることが出来ます。

お買い替えによる売却をご検討中の方は是非、ご相談ください。

(関連記事:『新型コロナウィルス下でも不動産を売るなら買取がおすすめ』

 

Summary
新型コロナウィルスによる部屋探しや住まい探しの価値観の変化
Article Name
新型コロナウィルスによる部屋探しや住まい探しの価値観の変化
Description
ここではコロナウィルスで変化した部屋探し・住まい探しの考え方を見ていきます。
Author
Publisher Name
不動産買取ナビ事務局
Publisher Logo

関連記事一覧