金利上昇で不動産市場に影響はでるか?

不動産小話

遂にというかやっとというか日本も適正金利に向けて動き出したように感じる。
もちろん様々な問題を抱えたままだと思うが今までの金利水準では金融機関は淘汰されただろう。

 

金利上昇

 

金利上昇による不動産の影響は?

それでは金利が上がれば即不動産の動きが止まるかとういとそうでもないと思う。
住宅ローンの金利は確実に上がるでしょうがそれでもまだ低金利です。
令和5年に仮に1%程度金利が上昇しても大きく不動産市況が崩れることはなくむしろ資源価格の上昇や建設コストの上昇 管理コストの上昇による賃料の上昇が本格的に始まると思う。ここ何十年は居住用賃料は上がらないのが常識みたいでしたがいよいよ反転するでしょう。

センチュリー21アイワハウス

 

センチュリー21アイワハウス

センチュリー21アイワハウス
東急田園都市線たまプラーザ駅の不動産会社、センチュリー21アイワハウス。不動産売買・賃貸・賃貸管理・建売事業など不動産の様々な分野に取り組んでいます。特に不動産売却や不動産買取(自社買取)は取り扱いも多く、ノウハウがあります。相続、空き家、事故物件などにも対応。不動産・住宅のことならセンチュリー21アイワハウスにお任せください。
→センチュリー21アイワハウス会社概要
TEL:0120-235-021

最終更新日時:

Summary
金利上昇で不動産市場に影響はでるか?
Article Name
金利上昇で不動産市場に影響はでるか?
Description
金利上昇による不動産への影響に関する小話です。日銀が長期金利の金利を上げることを発表しています。金利があがることによって不動産市場への影響を考察します。
Author
Publisher Name
センチュリー21
Publisher Logo

関連記事一覧