不動産会社の業務は同じではない!?買取が出来ない不動産業者もある

その他のお役立ち情報, 不動産買取

直接買取方式ではごく短期間に売却を実現でき現金化に時間を要さないなど色々なメリットがあります。
ただ、どこの不動産業者でも直接買取が可能なわけではありません。
この回では不動産業界の仕組みを見ていきます。

 

不動産会社

不動産業者ごとに取り扱う業務内容は異なる

不動産業者と一口に言っても、実は個別の業者ごとに取り扱う業務には違いがあります。
代表的な業務を以下に挙げてみましょう。

①賃貸仲介

一人暮らしをしたことがある人は、一度はお世話になったことがあるはずです。
アパートなどの賃貸物件について、物件オーナーと借り手を結びつける役割を果たすのが賃貸仲介です。

②賃貸管理

賃貸物件の不動産について、物件の管理や賃借人の管理を行うのが賃貸管理業務です。
オーナーは面倒な実務仕事を賃貸管理業者に任せることで、自分の時間を確保することができます。

③売買仲介

売却したい不動産を持つ売り手と、市場にいる購入希望者を結びつけるのが売買仲介の業務です。
仲介に入る業者はあくまで仲人役です。

④不動産買取

売りたい物件を保有する売り主から、その不動産を直接買い取る業務を担うのが不動産買取業者です。
仲人役ではなく、売買取引の当事者として不動産を買い受けます。

⑤デベロッパー

大規模な土地開発を行うのがデベロッパーで、例えばリゾート開発や商業施設の開発、大規模な宅地造成や再開発事業などを手掛けます。

業者ごとに得意分野が異なる

前項ではどのような業務があるのかを見ましたが、不動産業者ごとに取り扱う業務に違いが出ます。
全ての不動産業者が均一のサービスを提供しているわけではないことに留意しましょう。
例えば賃貸管理専門で運営している業者であれば、売買の仲介や直接買取には応じてもらえなかったり、逆に不動産買取を主業とする業者にアパートを紹介してもらおうとしてもうまくいきません。
特定の分野を専門とすることで、他の業務からの利益を諦める代わりに、その特定分野で経験を積み、顧客を獲得するスキルを効率よく上げていくことができます。
このことから、直接買取はどこの不動産業者でもできるわけではないことを知っておく必要があります。

 

ノウハウ

せっかくなら直接買取が得意な業者に頼もう

特定分野を専門的に扱う不動産業者は、直接買取に応じてくれないこともあるとお話ししました。
実際には必ずしも〇〇専門ということではなく、主業とする分野を持ちながら、ほかの分野にも状況に応じて対応できることもあるかもしれません。
ここで意識したいのが、どうせ頼むのであれば、直接買取の分野に強い業者を選ぶようにすることです。
直接買取を主業とし得意とする業者は、買い取った後どのように利益を出すのかについて経験と知識を有しています。
再販するのであればその伝手を持っていますし、改修して賃貸物件として利益を出すのであればそのノウハウに長けています。
その経験から、自社の利益を考えた上で、売り手にも満足してもらえる買取価格を提示できます。
しかし本来直接買取を得意としていない業者は、その辺のノウハウを有していませんから、買い取った後の効率の良い利益の出し方が分からず、正確な経費の算定などもできません。
そのため不必要に買取価格が下がり、買い手の満足度が下がってしまうことがあります。
ですから、直接買取方式で不動産を売る場合、できるだけ直接買取業務を得意とする業者にお願いする方が高く売ることができます。
また買い取った後の利活用経験が少ない業者は、利益を生み出す方法を考え、判断するのに時間がかかります。
査定から買取実行まで時間を要すことも考えられるので、スピードの面でも買取に実績のある不動産業者を選ぶことが大切になります。

(関連記事:『不動産を確実に売るなら不動産買取がおススメ』
(関連記事:『【良い不動産買取業者の選び方】上手に不動産売却を進める方法をご紹介』

記事監修者 かながわ行政書士事務所 代表 池田 晴香
行政書士
かながわ行政書士事務所ホームページ:https://kanagawa-gyosei.com/
WEB制作会社に営業として勤務後、学生時代から就職後も続けていた音楽関係の仕事をきっかけに
ラジオパーソナリティー、ナレーション、朗読などの声の仕事を始める。 30代、行政書士の仕事をスタート。
不動産買取ナビの編集ポリシー

最終更新日時:

Summary
不動産会社の業務は同じではない!?買取が出来ない不動産業者もある
Article Name
不動産会社の業務は同じではない!?買取が出来ない不動産業者もある
Description
不動産を売る方法の一つに直接買取方式があり、売りにくい不動産でも売却できることや、ごく短期間に売却を実現できるので現金化に時間を要さないなど色々なメリットがあります。 ただ、どこの不動産業者でも直接買取が可能なわけではありません。 この回ではこの辺りに関して、不動産業界の仕組みを見ていきたいと思います。
Author
Publisher Name
不動産買取ナビ事務局
Publisher Logo

関連記事一覧