不動産を早めに現金化したい。不動産買取はすぐに現金化できるのか

その他のお役立ち情報, 不動産買取

借金の返済や税金の支払いなどで時間がないケースで「即時買取」は大きな味方になりますが、本当に現金が手元に入るかどうかはまた別の問題です。
本章ではこの件について深堀してみましょう。

不動産の現金化

一般市場で買い手を見つけるまでに時間がかかる仲介と違って、「買取」による売却では不動産業者が直接物件を買い取ってくれます。
そのため売却実現までに時間がかからず買取金額もすぐに確定するので、住み替え事案などでは資金計画も立てやすい利点があります。

「即時買取可」と「即時支払可」は異なる

広告などで「即時買取可能」とあれば、確かに条件さえ合えばすぐに買取はしてくれるのでしょう。
しかし「買取」という概念は一般的に売買取引の成立という意味合いを持ちます。
買い取り代金の支払いが即時行われ、現金化出来るとは限らいないので、この点に注意が必要です。
代金の支払いは契約で定めることになりますから、「買取金の支払いは3か月後の月末とする」とか、「代金は分割払いとする」という取り決めになる可能性もあるということです。

買取で早期に現金化出来ることがある

不動産仲介で売却をしようとした場合、一般的に3ケ月程で売れると想定出来る価格を設定します。
この場合はいわゆる相場に近い価格設定となることが一般的です。
しかし、仲介では市場の流れや近隣で売却に出されている物件との比較、競争となることがあり設定をした価格、期間で確実に売れるということの保証をするものではありません。
なかには売却が長期化することや1年経っても売ずに現金化出来ないということもありますので注意が必要となります。
仮に仲介で3ケ月で買い手が見つかった場合でも買い手の方が住宅ローンを組まれるケースはとても多く、1ケ月程は銀行などの金融機関の審査と手続きが必要となります。
その為、不動産を現金化するのにこのケースでは4ケ月程かかることになります。

一方、不動産買取の場合は買取業者が買い手となる為、売却の活動をする必要がなく買取の価格で折り合いがつけばすぐに不動産を売ることが出来ます。
契約の手続きもありますが、早ければ1週間以内に現金化出来るケースもあり、仲介と比べ売却が確定でき、短期間で現金化出来ます。
あまり高額とならない場合には即現金化出来ることもあるので要望を伝え、調整していくのが良いでしょう。

不動産を現金化する豆知識
不動産の仲介では売却が成立すると仲介手数料の支払いが必要となります。
不動産の買取の場合には、不動産買取業者と直接契約をすることで仲介手数料が不要となります。
ただし、同じ買取の場合でも仲介会社から紹介を受けて買取業者と契約をする場合は仲介の扱いとなりますので仲介手数料が発生します。

不動産を現金化する豆知識
不動産買取を選択するメリットはいくつかあります。重複する箇所もありますが簡単に確認してみましょう。
①短期間で現金化出来る
急ぎの売却が可能となり、早ければ1週間程で現金化でき取引が終了します。
②契約不適合責任を免責に出来る
直接買取をしてもらう場合、契約不適合責任を免責とすることが出来ます。契約書に記載のない不具合などの責任を売主は負う必要がなくなります。
③仲介手数料が不要
不動産買取業者に直接買取をしてもらう場合は仲介手数料が不要となります。
④なかなか売れない物件も売ることが出来る
不動産会社が買取りをする為、売却に出していてなかなか売れない物件も売ることが出来ます。
⑤訳ありや事故物件も売れる可能性がある
一般の方には売りにくい事情の物件も不動産業者にならば売れる可能性があります。
⑥手続きが早い
不動産買取の場合、販売に関する手間がかからず契約から決済までの流れが早い為、負担なく売ることが出来ます。
⑦近隣に知られずに売ることが出来る
販売活動もなく、手続きも早い為、近隣の方に知られる前に売却することが可能となります。

短期間で現金化をしたい要望が多いケース

通常に売却が出来れば良いですが、状況や事情によってはすぐに不動産を現金化したい要望も出てきます。

相続での不動産の現金化

相続が発生し相続人が複数いる場合、遺産分割や財産分与で揉めるケースが出てきます。
相続では期限があり期限内に現金化したい場合や相続を円滑に進める為に不動産を現金化して分割しやすいようにし、解決をすることがあります。

離婚での不動産の現金化

離婚となってしまった場合、慰謝料などが発生するケースもあり不動産を現金化することで解決出来ることがあります。
また、部屋が広くなってしまった為、不動産を売って現金化し住み替えをしたい要望などもあります。

住宅ローンなどの支払いの為の現金化

会社の業績不振、コロナの影響などにより収入が減ってしまった、個人での事業が上手くいかないなどでローンの支払いが厳しくなってしまった場合、すぐに現金化して解決したいという方が増えています。
ローンの支払いが出来ない、滞る場合には競売のリスクが発生することがあるので、後々後悔しない為にも早い段階で判断をして解決するのが得策です。

転勤での不動産の現金化

住宅を所有していても転勤となってしまうケースも少なくありません。
転勤の際には賃貸に出す方法もとれますが、将来的にその家へ戻る予定がない、いつ戻れるか分からないなどの場合はすぐに売って現金化をしておいた方が良いケースもあります。
賃貸では最低限のリフォームをしないと入居者がつきにくく、空室期間もあるので引越し先との二重の支払いが発生するケースがあります。
仮に10年後に戻ってこられる場合でも住宅も10年分経年する為、劣化等も想定しておく必要があります。

空き家を処分する為の現金化

実家を相続した、転勤で空き家としているなど処分するまでもないと決めて、保有している場合でも毎年固定資産税などの税金は必要となり、場合によっては住宅ローンの支払いがあることもあります。
空き家の状態でも維持、メンテナンスの手間は必要となり、長期間となると支払いの面での負担も大きくなってくるものです。
このケースでは空き家をすぐに処分して現金化しておくことでこのような維持や費用が発生しなくなるので、特段利用する予定がない場合には買取で現金化しておくのもおすすめです。

不動産を現金化する豆知識
不動産を売りたい、不動産を現金化したいと検討する事情は人によってさまざまです。
しかし、どのような事情のケースでも不動産の買取査定をする場合にはどこの不動産業者でも無料で査定をしてくれるはずです。
売る方法や手続きを考えると不安になってしまいますが、実際に売る際にトラブルとならない為にも無料査定を上手く利用して売却方法を相談すると良いでしょう。気軽に現状を伝えるだけでスムーズに取引を行うことが出来るようになります。
査定をしたからといって必ずその不動産業者へ売らなければならないという訳ではありませんので、複数の業者へ相談するのがおすすめです。

 

不動産買取

資力が乏しい零細業者は注意

買取での不動産の売却を想定している場合、短期間での現金化を希望する方も少なくありません。
不動産業者は個人や家族経営などで細々と営業しているところもあります。
資力が乏しい小さな業者では、経営的に自転車操業となっているところもあるかもしれません。
例えば自社物件を売った売却代金が入ってこないと、自社の支払い方面の代金の用意ができないということも普通にあります。
その場合は売掛金の回収ができるまで、自社の支払いに猶予期間を設定しなければいけません。
買取でマイホームを売った顧客はその間、売却代金を手にすることができないということです。
売り手側としては、即時買取可能としている業者が、「即時に」「全額を」「現金」「一括で」支払ってくれるとは限らないということは理解しておく必要がありますね。

不動産を現金化する豆知識
不動産買取業者が買取をする場合でも銀行融資を受けて買い受けることが多い為、「買取=代金を現金で渡される」という訳ではありません。
買取価格が比較的少額となるケースでは現金にて即時買取というケースも出てきます。
不動産価格が高額となる場合には「対応してくれない」とならないようにしましょう。
このような場合でも買取をメインとしている不動産業者では銀行融資を予め打診しているケースが多い為、短期間で不動産を現金化することが可能となってきます。

即時現金化が可能かどうかの調べ方

売却までに時間がなく、まとまった資金をすぐに用意しなければならない事案では、直接買取が可能な業者を探すときにひと工夫しましょう。
簡単なのは素直に聞いてしまうことです。
「即時買取可能とあったけれど、支払いの方は即時の一括払いは可能ですか?」と聞いて、「即時の一括払いできますよ」と返ってくれば安心です。
その時、「事情があって時間がない」ということを伝えるべきかどうかは事案によります。
売り急ぎの事情があることが分かると、業者側も足元を見て買取金を下げて提示する可能性もあります。
それでも、複数業者に打診していることを伝えれば多少のけん制にはなるでしょう。

どんな業者に買取を打診すればいいのか?

複数業者に見積もりを依頼するにしても、やみくもに話を持ち掛けるのは非効率です。
まず、「即時買取可」の表記はもちろんですが、宣伝広告等に「即時支払い致します」などの表記があると見込みのある業者と判断できます。
さらに「即時一括支払い致します」の旨の表記があるとなお良しです。
不動産の取引は数百万円から数千万円、ケースによっては億単位のお金が動く取引ですから、即時の支払いに耐えうる余裕資金を確保しておくのはなかなか難しいことです。
「即時買取可」としている業者は多くあると思いますが、支払いまで即時対応できるところはそう多くないと考えておきましょう。
普段から買取に力を入れている不動産業者であれば、即時現金化や即時支払いに対応できるよう潤沢な買い取り資金を常に確保しています。
初見の相談で担当者に即時支払いが可能かどうか質問するにしても、話を持ち掛ける前に買い取り業務に自信がありそうかどうか、業者のHPや宣伝広告などで調べるようにしましょう。

 

記事監修者 かながわ行政書士事務所 代表 池田 晴香
行政書士
かながわ行政書士事務所ホームページ:https://kanagawa-gyosei.com/
WEB制作会社に営業として勤務後、学生時代から就職後も続けていた音楽関係の仕事をきっかけに
ラジオパーソナリティー、ナレーション、朗読などの声の仕事を始める。 30代、行政書士の仕事をスタート。
不動産買取ナビの編集ポリシー

最終更新日時:

Summary
不動産を早めに現金化したい。不動産買取はすぐに現金化できるのか
Article Name
不動産を早めに現金化したい。不動産買取はすぐに現金化できるのか
Description
売却実現までに時間がかからず買取金額もすぐに確定出来る「不動産買取」の場合、短期間で不動産を現金化することが可能です。
Author
Publisher Name
不動産買取ナビ事務局
Publisher Logo

関連記事一覧