川崎市宮前区犬蔵のマンションの価格の推移

マンションに関するお役立ち情報, 不動産買取

新築マンションを購入された方ならどこの住戸がどの階数がいくらで販売されていたかなどは把握しやすいでしょう。
しかし、いざマンションを売ろうと考えた時、物件は中古物件となります。それでは中古マンションも売却をしようとした際は価格は決まっているのでしょうか。今回は川崎市宮前区犬蔵のマンションを例に挙げて見ていきます。

 

 

中古マンション

 

中古マンションの価格は決まっていない

中古マンションは新築マンションと違い必ずその価格で売らなければならないとは決まっていません。所有者の方はそれぞれにご事情があり売却をする為、売却をする際の状況や資産状況によって価格を設定することが出来ます。

 

売却価格には目安がある

価格を設定出来ると言っても目安があります。今まで成約となった事例や売却時の市況によって価格を決定していきます。いわゆる相場というものです。その為、3,000万円が相場の物件で6,000万円での売却は難しくなります。

 

中古マンションの価格は変動がある

中古マンションの売却では「出来るだけ高く売りたい」というご希望が多く、相場があるというものの中古マンションの価格は変動することがあります。
それではどのような場合に価格が変動するのでしょうか。

 

①室内状況
室内のメンテナンスの状況は買い手側がよく見ているポイントです。掃除がされていない、荷物が多いなどの状況では買い手の印象が悪くなり値引きの対象とされてしまうことがあります。また、設備面も不具合の修理がされていない場合は買い手側のリフォーム費用も増えてしまうことから印象が悪くなったり、購入まで判断をしてもらえないケースがあります。

②お部屋自体に付加価値がある
マンションの住戸によってはルーフバルコニーがあったり、専用庭などがある住戸があります。通常のお部屋より空間が広くなったり、利便性が増すので人気があり相場よりも高く売れることがあります。

③不動産市況
不動産は金利の状況や売却物件の在庫数、近隣の競合物件などの状況によって価格が変動することがあります。特に今の時期は低金利ということもあり、購入を検討される方も多くマンション価格が上昇している傾向にあります。反対に金利が上昇したり、競合物件が増えることがあるとマンションの価格も下落する可能性があるので注意が必要です。

 

中古マンションの価格はどのように推移しているか

中古マンションの価格は現在上昇傾向にあります。上昇する理由はどのようなことがあるでしょうか。ここでは上昇する原因を見ていきます。

①工事原価の上昇
新築マンションの建設時に工事をする為の費用が上昇傾向にあります。ここ数年ではさらに工事原価が上昇していることが見て取れます。世界的な新型コロナウイルスなどの栄養が考えられます。

建設工事原価

(参照:建設物価調査会 総合研究所「建設物価建築費指数 2022 年3⽉分」)

 

②住宅ローンの低金利
現在の住宅ローンの金利は低い水準が保たれており、買い手にとっては金利分の負担が少なく購入がしやすい状況です。売却中の在庫数とあいまって競争化することで価格が高くなる傾向があります。
しかし、ここ最近の発表では10年固定や変動金利などの住宅ローン商品の金利を引き上げるお話しが出ていますので金利によっては買い控えとなる可能性もあります。

 

川崎市宮前区犬蔵のマンション成約事例

ここで川崎市宮前区犬蔵の中古マンションの成約事例をもとに比較をしてみます。中古マンションは同一マンションの旧東急不動産分譲のマンションで同一の専有面積のものを挙げてみます。

事例1)令和3年4月成約
平米数:86.24㎡
所在階数:5階
成約価格:5,980万円

事例2)令和4年3月成約
平米数:86.24㎡
所在階:4階
成約価格:6,490万円

令和3年と令和4年の同タイプのお部屋の成約事例となります。上記の成約を比べると価格だけで510万円の差が出ています。新築であれば階数の高いお部屋の方が高く売れるイメージですが、不動産市況によっては階数が低い住戸でも高く売れることがあります。

ここ1年で価格が上昇傾向にあったこともありますが、室内のリフォーム履歴があり室内の状況も良かったことから令和4年での成約のほうが高くなっていたことが伺えます。しかし、売却の際には「リフォーム=高く売れる」という訳ではなく、あくまで売りやすくするということで認識をしておかないとリフォームをしたけど高く売れずリフォーム分マイナスしてしまうケースもあります。

 

中古マンションの売り時とは

新型コロナウイルスが落ち着けば経済も落ち着く可能性があります。その為、建築資材の供給が活発になれば上昇前の元の水準に戻る可能性があります。また、今後は金利上昇も懸念される為、現在売れる価格よりも下がる傾向もみられるかもしれません。

条件が良く売れる可能性があるうちに売却をするということが大切です。川崎市で中古マンションの売却をお考えの方はお気軽にご相談ください。

センチュリー21アイワハウス

 

センチュリー21アイワハウス

センチュリー21アイワハウス
東急田園都市線たまプラーザ駅の不動産会社、センチュリー21アイワハウス。不動産売買・賃貸・賃貸管理・建売事業など不動産の様々な分野に取り組んでいます。特に不動産売却や不動産買取(自社買取)は取り扱いも多く、ノウハウがあります。相続、空き家、事故物件などにも対応。不動産・住宅のことならセンチュリー21アイワハウスにお任せください。
→センチュリー21アイワハウス会社概要
TEL:0120-235-021

最終更新日時:

Summary
川崎市宮前区犬蔵のマンションの価格の推移
Article Name
川崎市宮前区犬蔵のマンションの価格の推移
Description
センチュリー21アイワハウスでは中古戸建て、中古マンション、土地などの不動産売却・買取に対応しています。中古マンションの価格の推移を見ていきます。また、川崎市宮前区犬蔵の物件の成約事例をもとに売却の動向を比較していきます。
Author
Publisher Name
センチュリー21アイワハウス
Publisher Logo

関連記事一覧

物件を売りたい方はまずはご相談

不動産買取、不動産売却の査定依頼は無料です!
戸建て、マンション、土地、アパートなんでもご相談!

簡単入力!無料査定スタート