【横浜市・川崎市】不動産買取が選ばれるのはどんな事情?お問い合わせがある内容をご紹介

その他のお役立ち情報, 不動産買取

不動産を売ろうと考えた際はいくつか売却方法があります。代表的な売却方法としては仲介による売却と不動産買取があります。仲介は不動産会社に買い手を探してもらう方法となり、不動産買取は不動産買取業者が物件を買取る売却方法となります。仲介は不動産市場の相場の価格で売却が出来る可能性が高くなるのに対して、不動産買取では相場よりも価格が下がってしまうことが一般的です。

仲介での売却のほうが良いと思われる方も多いと思いますが、実際には買取のほうを選択される方も多くいます。今回は不動産買取が選ばれる理由、事情をご紹介します。

 

 

不動産買取

 

自宅・マイホームを買取にする理由

冒頭でも触れましたが仲介の方が一見メリットが多いように感じますが、物件や事情によっては不動産買取が適しているケースも多くあります。皆さんどのようなケースで買取を選ばれているのでしょうか。お問い合わせをよくいただく内容をもとに見ていきます。

 

訳あり・クセのある物件で売れない

不動産によってはクセが強い物件があり、例えば接道の義務を果していない為に再建築が出来ない物件や道路面より下がって建っている物件(道下物件と呼ばれる物件)などの場合、再建築が不可であったり、工程が難しくなったりとすることが多く一般の方にはなかなか手が出しにくい物件となります。不動産買取業者の場合は販売に関するノウハウやリフォームの経験から問題なく買取るケースがあります。

 

物件の状況が悪い

一般的に物件の状況が悪いと言われると室内の状況をイメージすることがあるかと思いますが、外壁や敷地内の状況なども一般の方は見ています。仲介では基本的に現況有姿でのお引渡となり、リフォームなどが発生する場合には買い手がリフォームを行うようになります。壁紙の張替えなどの室内だけで済めば良いですが、外壁やお庭なども含めて綺麗にしようとすると大変高額となってしまいます。その為、手を加える箇所が多く、費用がかかると考えると自然と購入希望者が少なくなります。

また、売主は契約不適合責任を負う必要があり、契約書類に記載の無い不具合などが発生した場合は売主が責任を負い、修復や売買代金の減額などが発生することがあります。その為、物件の状況が悪ければ売主が把握していない不具合も発生するまたは発生していることも考えられるのでリスクが高くなってしまいます。

売り手側でリフォームを行う場合でも費用は変わらず、またリフォームを行ったとしてもその分を上乗せをして売れる確証はなく、リフォーム分がマイナスしてしまうこともあります。買取であれば物件もそのままの状態で買取が可能となるので余計な費用をかける必要がなくなります。

 

周りに知られずに売りたい

売却の事情の中にはプラスの要素だけとは限りません。なかには周りの方に詮索されたり、個人に関わる事情のケースも多く周りに知られずに売却したいという希望は多くあります。

しかし、仲介での売却では売却をする為に広告を出したり、複数の内見が発生する為、どうしても知られずに売却することが難しくなります。

不動産の買取では不動産買取業者が1、2度の内見のみとなり広告も出さない為、周りに知られずに売却することも可能となります。

 

売却期限が決まっている

買い替えによる売却や相続による売却では売却期限が決まっています。仲介での売却は必ず期限内に売れるというものではない為、場合によっては期限内に売却することが出来ず、予定通りに行かないことがあります。

不動産買取では不動産業者が買い手となる為、早ければ7日程で現金化することが出来るので売却を確定することが出来ます

 

事件や事故が起きてしまった

事件や事故が発生してしまうと売却をするにはハードルが高くなってしまいます。いわゆる心理的瑕疵物件ではすべての方が大丈夫という訳ではありません。価格を下げなければ売れない傾向が強く、下げた場合でも売れないといった物件もあります。

不動産買取業者が買い手となる場合には自死などの事故物件でも買取をしてもらうことが出来ます。事件や事故の内容にもよって買取が出来るかということも変わってきますが、なかには事故物件の買取を行っていない不動産買取業者もあるので取扱いが出来るか確認をしてご相談をする必要があります。

 

遠方で売却が出来ない

相続などで不動産を取得する場合、必ずしも自宅から近い物件を相続するとは限りません。場合によっては自分が見たこともないような物件を相続することがあります。

どのような物件か知識が無く、不具合なども把握が出来ない場合は売却にもリスクが伴う為、買取にすることによって不具合なども免責とすることが出来ます。

 

直接買取で仲介手数料がかからない

仲介で売却をした場合、仲介手数料が発生します。物件の成約価格によりますが売却費用の中で高額な費用となります。3,000万円の物件では100万円を超える仲介手数料が必要となります。

不動産買取では直接買取をしてもらう場合には仲介手数料がかからない為、物件によっては買取にしたとしてもトータルが変わらないこともなかにはあります。

 

買取保証の売却もおすすめ

物件は出来るだけ高く売りたいが期限内に売れるか分からないというような状況では、買取保証もおすすめです。

売却の期限を決めてはじめは仲介からチャレンジし、取り決めた期間になった場合には買取をしてもらう方法となり、期限内に確実に売却が出来る売却方法となります。

注意点は仲介も買取も行っている不動産会社に依頼する必要があり、経験値の高い不動産会社に依頼するほうがより安心です。

 

買取依頼をする方法とは

買取を依頼する場合、どのようにすれば良いかよく分からないといった方が大変かと思います。しかし、依頼自体は簡単に行うことができ、弊社では査定依頼のフォーム、メールによるお問い合わせ、電話によるお問い合わせなどさまざまな方法でのご依頼が可能となります。
査定フォームに関しても60秒程の入力となりますのでご負担なくご利用いただくことが出来ます。

 

横浜市・川崎市はどのような不動産も対応

どのような物件が買取をしてもらえるかということも気になるポイントです。弊社では戸建、マンション、土地、アパートなどさまざまな物件に対応しています。訳あり物件、事故物件なども積極的に買取を行っています。

横浜市・川崎市で不動産買取を検討されている場合にはお気軽にお問い合わせ下さい。

センチュリー21アイワハウス

 

センチュリー21アイワハウス

センチュリー21アイワハウス
東急田園都市線たまプラーザ駅の不動産会社、センチュリー21アイワハウス。不動産売買・賃貸・賃貸管理・建売事業など不動産の様々な分野に取り組んでいます。特に不動産売却や不動産買取(自社買取)は取り扱いも多く、ノウハウがあります。相続、空き家、事故物件などにも対応。不動産・住宅のことならセンチュリー21アイワハウスにお任せください。
→センチュリー21アイワハウス会社概要
TEL:0120-235-021

最終更新日時:

Summary
【横浜市・川崎市】不動産買取が選ばれるのはどんな事情?お問い合わせがある内容をご紹介
Article Name
【横浜市・川崎市】不動産買取が選ばれるのはどんな事情?お問い合わせがある内容をご紹介
Description
センチュリー21アイワハウスでは中古戸建て、中古マンション、土地、アパートなどの不動産売却・買取に対応しています。不動産買取はどのようなものか、買取を選択する人はどのような事情があるかなど弊社にお問い合わせをいただく内容をご紹介しています。
Author
Publisher Name
センチュリー21アイワハウス
Publisher Logo

関連記事一覧

物件を売りたい方はまずはご相談

不動産買取、不動産売却の査定依頼は無料です!
戸建て、マンション、土地、アパートなんでもご相談!

簡単入力!無料査定スタート