【コロナ】住宅ローンの支払いが厳しい方

住宅ローンの支払いが厳しい場合

最近ではコロナの影響で仕事が減ったりなどして収入が下がってしまう方も少なくありません。
住宅ローンはローンを組む際の年収をベースに試算されています。

その為、収入が減ってしまうと支払いが厳しくなってしまいます。

【賃貸アパートがすぐに売れるメリット】
・住宅ローンが遅れている、延滞している
・生活費が不足してしまう
・マンションの管理費や修繕積立金を滞納している
・固定資産税を滞納してしまい、自宅が仮差押えされている

上記のような場合には注意が必要です。そのまま放置してしまうと任意売却で売却をしなければならず、最悪のケースでは競売となってしまいます。
基本的に任意売却や競売となってしまうと自身の意思は反映することが出来ず、家を手放した後も支払いが残ってしまいます。

現状で支払いが厳しい場合には自宅を売ることも視野に入れ、事前に相談しながら進めていくことが大切です。

不動産無料買取査定受付中

不動産買取ナビでは戸建て、中古マンションなどの買取りのご相談、買取査定は無料にて受付をしています。
不動産の買取ではすぐに売ることができ、現金化することが出来ますのでお悩みの際はまずはご相談ください。

 

無料買取査定はこちらから

買取査定依頼

 

ニュース・お知らせ一覧